老人性色素斑(日光黒子)とは?特徴や治し方とは?

老人性色素斑(日光黒子)

老人性色素斑は日光性黒子ともいわれますが、シミの中でももっとも多いといわれている、シミの代表格です。早ければ20代のうちから発症することもあり、主に30代くらいから現れはじめます。

このようなシミは一度できてしまうともう治らないとあきらめがちですが、適切な処置や治療を行えば改善が見込める種類のものです。

では、老人性色素斑はどのような原因で発症し、どのような予防方法や治療方法があるのでしょうか。

\ハイドロキノン誘導体配合クリーム/
SimiTRY

老人性色素斑の特徴

日光黒子の原因と対策
老人性色素斑の多くは日頃のスキンケアと紫外線対策を怠らないことで悪化するのを防ぐことができます。ではまず、老人性色素斑の原因や症状とはどんなものなのでしょうか。

老人性色素斑ができる原因

老人性色素斑ができる原因として考えられる主なものは、紫外線と老化です。

これらはどれかひとつが原因となるのではなく、2つ要因が重なりあうことによって老人性色素斑を発症します。

典型的な発症の仕方としては、まず、顔や手の甲、前腕などにぼんやりとした楕円形のシミが現れ始めます。原因は長時間を紫外線を浴びたことによるため、たとえ20代のうちでも、紫外線を多く浴びる環境で生活していると老人性色素斑が現れる場合があります。

そして、60代以上になると、老化によって腹部など一般的には紫外線の影響を受けにくい部分にも発症するようになります。

また、老人性色素斑は、特に顔などでは、脂漏性角化症と呼ばれる盛り上がったシミと同時、かつ混在して発症することもあるので、こうしたケースでは2種類のシミ双方に対処することが必要です。

このように、老人性色素斑は紫外線の影響を受けやすいため、紫外線に晒られる状況では徐々に大きくなります。

もともと、肌は紫外線を浴びると皮膚の深い部分にあるメラノサイトと呼ばれるメラニン色素が生成される細胞を刺激され、紫外線の影響から体を守るために、メラニンを生成するようになります。

通常メラニンは生成されたとしても少量であればターンオーバーによって体外に排出できますが、短時間に多くの刺激を受けると、大量のメラニン色素が生成され、ターンオーバーでは排除しきれなくなります。

この状態が長く続くと、肌の表面にメラニン色素が残り、色素沈着してシミとして定着してしまうのです。

このほか紫外線は肌細胞のDNAも同時に破壊してしまうため、肌の性質が変わり、より老人性色素斑になりやすい肌の状態がつくられます。

変質した肌は、老化とともにシミが残りやすい状態になってしまっているため、レーザー治療などにより細胞を根本から破壊し、肌を再生しないと、シミを繰り返しやすくなってしまいます。

老人性色素斑への対策

シミにおける紫外線対策で最も手軽に始められる方法は、日焼け止めの利用です。ただし、日焼け止めは汗をかくことなどによって数時間で効果が薄れてしまうので、こまめに塗りなおしをしなければなりません。

また、紫外線は目から入った場合でもメラノサイトを刺激することがあるため、サングラスの着用も必要です。さらに帽子なども併用することにより、しっかりとした紫外線対策をするようにしましょう。

そして、肌は乾燥しているとバリア効果を十分に発揮できなくなり、より紫外線の影響を受けやすくなるため、肌の乾燥対策は重要で、保湿対策は欠かせません。

肌の保湿では水分の補給はもちろん油分の補給もできるように、化粧水や乳液による保湿を心掛け、日ごろのスキンケアを怠らないようにしましょう。

このほか、肌を健康な状態に保つことも、シミ対策には重要です。睡眠不足にならないよう、生活習慣を整え、バランスの取れた食事を心がけるとともに、飲酒や喫煙も控えるようにしましょう。

そうすることにより、仮に肌に刺激を受けてしまっても、ダメージからより早く肌が回復することができるようになります。

老人性色素斑の治療方法

老人性色素斑の治療法
シミができてしまった場合の治療法方法はさまざまなものがありますが、どの方法でも効果が得られるというものではなく、老人性色素斑の場合はこれに適した方法を選ばなくてはなりません。

レーザー治療

まず、老人性色素斑の治療に効果的なものとして挙げられるのはレーザー治療です。特に、輪郭がはっきりとしている老人性色素斑には、高い効果を示し、即効性もあります。

レーザー治療は、肌の表面にありメラニン色素を直接熱による刺激を与えて焼き切るものです。一見危険なようにも思えますが、レーザーはシミにだけ反応するので、それ以外の部分は傷つくこともなく、安心して治療を受けることができます。

レーザー治療をすると、治療を行った箇所はかさぶたになり、やがてこれがはがれてきれいな肌に生まれ変わります。通常3か月程度でほかの部分と同化し、6か月程度で肌の状態も安定します。
程度にもよりますが、比較的薄いシミであれば、一度の治療で済む場合もあります。

このように、レーザー治療の場合、たとえシミができてしまったとしてもきちんと消すことができるので大変効果的です。ただし、注意が必要なのは、治療費が高額になることです。

医薬品による体内からの治療

体の内側から老人性色素斑を治療したい場合には、内服薬を服用してシミを薄くする方法もあります。老人性色素斑を含む、シミの大きな原因のひとつは、ターンオーバーが正常に行われないことにあります。

こうした肌の状態の場合、肌の表面に存在するメラニン色素が排除することができずに残ってしまい、色素沈着してシミとなります。

肌は通常一定の周期で生まれ変わっているものですが、年齢を重ねるとそのスピードが鈍くなり、肌の表面には角質が残りやすくなります。これがシミが発生させる要因のひとつとなりますが、内服薬によってこの周期を本来の状態に戻すことでシミを防ぐ対策となります。

シミ対策の製品としてはサプリメントも多く販売されていますが、ターンオーバーを促進し、より効果を実感しやすくするには、L−システインやビタミンCが含まれた医薬品を用いるのがより効果的です。

外用薬を使用する

クリニックに通ってレーザー治療するには費用面での負担が大きくなり、内服薬による治療の場合も高濃度のものは医師の処方箋が必要になります。そこで、比較的手軽に自宅でも治療可能なのは、ハイドロキノンを含んだシミ消しクリームの利用です。

ハイドロキノンは高い漂白力を持ち、メラニン色素を分解しシミを薄くする効果のほか、シミの予防効果もあり、シミ消しに高い効果を発揮します。

このため、ハイドロキノンはレーザー治療の術後ケアに処方される色素沈着の予防薬としても活用されています。

ただし、このようなシミ消しクリームはある程度濃度の高いもののほうが効果を実感しやすいため、こうしたものを入手したい場合には、内服薬同様、専門医を受診し、処方箋を出してもらったほうがよいでしょう。

また、ハイドロキノンはシミ消しの効果は高いものの、酸素に触れたり日光に当たった場合、肌が炎症を起こすこともあるので、使用の際は説明書をよく読み、医師から説明があった場合には、きちんとそれを守って使用することが大切です。

\ハイドロキノン誘導体配合クリーム/
SimiTRY

老人性色素斑の原因と対策についてのまとめ

このように、老人性色素斑はきちんと治療をすれば状態を改善したり、予防することも可能なものです。特に大切なのは予防で、日ごろからスキンケアを怠らず、紫外線対策を徹底することによって未然に防ぐことができます。

つまり、老人性色素斑は日常生活の状態が症状に表れやすいシミといえます。きちんとケアをし、また、たとえシミができてしまったとしても、あきらめずに治療を続けることが重要です。

\ハイドロキノン誘導体配合クリーム/
SimiTRY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です